「冷蔵」と「冷凍」の違いって?

POINT
冷蔵食べ物を、凍らないくらいの低い温度で貯蔵すること。
冷凍食べ物を凍らせて(冷蔵よりも低い温度)貯蔵すること。

冷蔵庫を開ける瞬間

冷蔵と冷凍の違い

冷蔵と冷凍の違いは、温度にある。

冷蔵とは凍結しないくらいの低い温度(0℃~15℃程度)で、飲食物を貯蔵することをいう。低温に保つことで微生物の活動を抑制し、飲食物の腐敗を防ぐことができる。

他方で冷凍とは、飲食物を凍結(−15℃以下)して貯蔵することをいう。冷蔵と同様、低温に保つことで微生物の活動を抑制し、飲食物の腐敗を防ぐことができる。

なお、野菜・果実といった農産物は、低温障害(=低温によって品質が劣化すること)を起こしやすい。そのため農産物は冷凍ではなく、冷蔵されるのが一般的である。

【参考】電気冷蔵庫の設定温度

私たちの生活に身近な電気冷蔵庫の各セクションは、それぞれ下記の温度に設定されている(あくまでも目安)。

セクション設定温度保存に向く食品の例
冷蔵室4~5℃すぐに消費するもの
ドアポケット6~10℃ドリンク・調味料・卵など
野菜室3~7℃野菜
チルド室
(フレッシュルーム)
0℃前後肉・魚・乳製品・納豆など
パーシャル室−3℃前後刺身・スライス肉など
冷凍室
(フリーザー)
−18℃以下冷凍食品・アイスクリームなど

まとめ

  • 冷蔵:凍結させない(0℃~15℃程度)
  • 冷凍:凍結させる(−15℃以下)