【おどる】「踊る」と「躍る」の違いって?

POINT
踊る(おどる)
  1. ダンスをすること
  2. 誰かに操られること
躍る(おどる)
  1. ジャンプをすること
  2. 心がわくわくすること

ダンスをする女性

踊ると躍るの違い

「踊る」と「躍る」はどちらも「おどる」と読むが、意味は異なる。

踊るには、主に(1)音楽に合わせて体を動かす(2)他人に操られたり、そそのかされたりして行動する、といった意味がある。ざっくりと、ダンスをするイメージを持つとわかりやすい。

  • (1)の例:「クラブで踊る」「盆踊り」 → ダンスをする
  • (2)の例:「彼は簡単に金で踊る」「時代に踊らされている」 → コントロールされる

躍るには、主に(1)飛び跳ねる(2)喜び・期待などでわくわくする、といった意味がある。ざっくりと、ジャンプをするイメージを持つとわかりやすい。

  • (1)の例:「馬が躍る」「網の上で魚が躍る」 → ジャンプをする
  • (2)の例:「輝かしい未来に胸が躍った」「血湧き肉躍る」 → 精神的な高まり

まとめ

  • 踊る:ダンスをすること・何者かにコントロールされている状態
  • 躍る:ジャンプをすること・精神的に高まっている状態