「十二支」と「干支」の違いって?

POINT
十二支
(じゅうにし)
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12種類のこと。
干支
(えと/かんし)
本来は十二支と十干(じっかん)を組み合わせた全60種(後で詳しく)を指すが、十二支と同じ意味でも使われる。

十二支のマスコット

概要

十二支とは?

十二支(じゅうにし)とは暦法で、「子(ね/し)」「丑(うし/ちゅう)」「寅(とら/いん)」「卯(う/ぼう)」「辰(たつ/しん)」「巳(み/し)」「午(うま/ご)」「未(ひつじ/び)」「申(さる/しん)」「酉(とり/ゆう)」「戌(いぬ/じゅつ)」「亥(い/がい)」の総称を指す。

十二支は古代の中国で誕生し、時刻や方角などを表すのに使用されたものである。もともとは記号であったものの、次第に12種の動物に当てはめられるようになった。

 動物時刻方角
ねずみ午前0時頃
うし午前2時頃北北東
とら午前4時頃東北東
うさぎ午前6時頃
午前8時頃東南東
へび午前10時頃南南東
うま午後0時頃
ひつじ午後2時頃南南西
さる午後4時頃西南西
にわとり午後6時頃西
いぬ午後8時頃西北西
いのしし午後10時頃北北西

干支とは?

干支(えと/かんし)には、大きく下記の二つの意味がある。

  1. 十二支と同じ意味
  2. 十干十二支(じっかんじゅうにし)の略

本来は、2の十干十二支(じっかんじゅうにし)の略というのが正しい。十干十二支とは、十二支と十干(※)を組み合わせたもので、全60種(下記の表を参照のこと)である。年や日などを表すのに使用された。

「甲(きのえ/こう)」「乙(きのと/おつ)」「丙(ひのえ/へい)」「丁(ひのと/てい)」「戊(つちのえ/ぼ)」「己(つちのと/き)」「庚(かのえ/こう)」「辛(かのと/しん)」「壬(みずのえ/じん)」「癸(みずのと/き)」の総称。五行(木・火・土・金・水)と陽の気を表す「兄(え)」および陰の気を表わす「弟(と)」に結びつけたもの。

 十干十二支読み
1甲子きのえね・こうし
2乙丑きのとうし・いっちゅう
3丙寅ひのえとら・へいいん
・・・(略)・・・
59壬戌みずのえいぬ・じんじゅつ
60癸亥みずのとい・きがい

60年経つと一巡し、同じ干支に戻ることから、数え年で61歳(満60歳)のことを「還暦」という。

十二支と干支の違い

数の違い

十二支と干支はいずれも暦に用いられ、時間などを表すのに用いられた記号である。しかし両者は数が異なる。十二支は子・丑・寅……と全12種類である。一方、干支は十二支と十干との組み合わせであるため、全60種類(12と10の最小公倍数)である。

現代ではほぼ同じ意味

とはいえ、現代の日本では十二支=干支という認識が広がっている。例えば「2019年の干支(えと)は?」と聞かれたら、多くの人がイノシシ年と答えるだろう。

十干はほぼ使われなくなった現在、日常生活を送るうえでは、十二支と干支を同じ意味と捉えても大きな問題はない。

まとめ

十二支
12種類
干支
【本来】60種類(十二支×十干)→現代は「十二支=干支」という認識に